前回の記事からの続きです!

 

マウス国産モデルに採用しているリアルレザー、

「オイルダコタ」

について。

特にマークワンは底面やパーツにたっぷりと使用しています。

20171207-leather

20171207-leather-2

 

使い勝手がよく、バッグはもちろんグローブなど幅広い革製品に使用されているこちらの革。

オイルダコタは2つのなめし製法のそれぞれの特徴をうまく生かし、取り入れた革です。

 

【なめし】・・・製品加工に適さず扱いにくい本来の「皮」を様々な製法でしなやかに丈夫にして「革」へとあらゆる手法で手を加えて変化させる作業を言います。)

 

 

なめし工程の際に、

使うほどに味わいや風合いが増す、植物成分【タンニン】

丈夫で滑らかな手触り、しなやかさを出す化学成分【クローム】

を掛け合わせた「合成タンニンなめし革」に、

さらにオイルを含ませて、程よいコシや色目に味を出しています。

 

その為、

オイルダコタは、

「丈夫でしなやか、エイジングを楽しめる革」

なんです。

 

(もちろんストラップ皮革部もオイルダコタ)

 

デリシャスシリーズでは各種モデルやパーツに使用している革はすべてこの「オイルダコタ」を採用しています。

 

今年の夏頃に、マークワンのミニサイズタイニーマークワンを購入したのですが、今ゆっくりとエイジングしているところです。良い感じに味が出てきたらご紹介したいなと思います!

 

 

つづいては、

トートやストラップの一部素材に採用・・・

「コーデュラナイロン」

 

底面部にご注目↓

見た目に帆布とは違って、ナイロンなので、光沢があります。

それでいて軽量なんです。

(なので、コーデュラ採用の105トート107トートは同じサイズのトートに比べて体感でも少し軽いです!)

 

このコーデュラナイロンは、普通のナイロンとは違います。

ナイロンの7倍もの引き裂き強度を持ち、耐久性に優れているのが特徴なんです。

 

105トート107トートバッグでは、耐久性の必要な部分の補強として底面・ショルダー、ハンドル部のみに採用しています。

光沢感があるため、帆布のみ使用したバッグとはまた違った雰囲気でお楽しみいただけますよ。

 

 

20171207-leather-3

(ストラップのコーデュラ採用モデルもございます)

 

国産モデルの素材のご紹介は以上です!

 

 

 

大切なカメラを持ち歩くんですから、

バッグ選びの際に、素材の知識もひとつの重要な判断材料ですよね!

長くご愛用していただくためにも、素材から知っておいて損はありません!

 

 

ご検討の際に、是非ご参考にしていただけたら、幸いです。

 

スタッフS