第6弾 TANSAN TEXTILE

ついに!

第6弾 TANSAN TEXTILE × MOUTH予約開始です!

本当にお待たせいたしました。。

さっそくご予約も頂いており、ありがとうございます!

今回も楽しみにしていた柄が発売です。

 

 

 

・・・とその前に、

マウスのインスタをご覧の方はご存知かと思いますが、少しお知らせを。

タンサンテキスタイルを手掛ける炭酸デザイン室の作品が、

フランスのパリ装飾美術館で展示されております。

炭酸デザイン室【パリ・装飾美術館 ジャポニスムの150年展】のお知らせはこちら

しかも、西陣織の岡本様との共同企画、タンサンテキスタイルの柄が西陣織に・・・!

2019年3月まで展示されているようですので、冬休みにパリへ旅行なんて方、是非足を運んでみてくださいね。

炭酸デザイン室のインスタグラムではデザイナー水野氏が出逢うパリの旅レポも素敵ですよ。(ますますパリに行きたくなります・・・笑)

 

 

それでは、素敵な告知を終えたところで、

早速コラボモデルのご紹介です!

 

コラボ企画6種目、

「木の彫刻」

(※同柄の生地違い、参考画像となります。)

 

「木の硬さ、ぬくもり。削れば現れる繊細なディティール。

部屋の壁や柱、装飾や置物。」

 

木の強さや柔軟さ。

相対的な魅力を併せ持ち、削ることで変形自在に生まれ変わる。

私たちの生活の中に在るあらゆる木が細やかなタッチで表現されています。

第5弾の生地に比べて今回はたった2色の色使い。だからこそデザインの繊細さが際立っていますよね。

 

鮮やかな配色の多かった今迄のコラボ生地に比べて、

「木の彫刻」は柔らかくナチュラルな印象ではないでしょうか。

 

 

 

 

 

今回はこちらの素敵な柄を本当に、贅沢に使用。

た~っぷりと一面に使って、タックルリュックに仕上げました!

 

TANSANTEXTILE MOUTH コラボ

総柄のリュック、なかなかお見かけしないのではないでしょうか。

 

定番のタックルリュックは白テープを採用していますが、

木の彫刻リュックは柄の持つ繊細な雰囲気も活かし、ワントーンに仕上げました。

幅のあるコーディネートも楽しめる、落ち着いた印象。ですね。

 

 

また、ワントーンにしたことで、自然と浮かび上がる柄に視線が集中しますよね。

ここ、大事なポイントです!

 

ショルダーの裏生地も同色系に仕上げています。

2気室型タックルリュックの詳しい機能についてはこちらから

 

 

 

そして裏地の防水機能ターポリン。

マッチングするようにそれぞれのカラーを採用しています。

さらに、紐も注目ポイントです!

生地に合わせつつも、ちょっぴり差し色感をプラス。

 

 

 

もちろん5弾同様、タグは本革の台座に乗った、スペシャルな仕様に!

 

 

 

続いては、カメラストラップ!

 

 

先紐の色にこだわり、少し主張のある鮮やかな色を採用しています。

 

 

 

アップで見ると分かる、無駄のない真っ直ぐと走るステッチ。

国産ならではの、縫製の良さを感じて頂けます。

 

今回も30ミリと40ミリでご用意。

 

適度なクッション入りの本体は、ソフトな付け心地。

 

 

グリーンは敢えて、ブラックの紐でシックな装いに。

(私はグリーンかパープルで迷っています・・・笑)

 

ブラック×グリーンカラシ×パープルブルー×グレー

以上の3色でご用意。

 

 

 

第5弾とはまた違った雰囲気でお楽しみいただける、タンサンテキスタイル「木の彫刻」。

今回のコラボモデルは、柔らかくナチュラルな雰囲気が魅力です。

繊細でいて、気の遠くなるほど細やかに描かれた造形たちを是非手にとって感じて頂きたいと思います。

 

「第6弾 TANSAN TEXTILE × MOUTH」はこちらから

 

各カラーのそれぞれの着用画像はまた次回のブログにて。

 

新作情報や予約開始はLINEでもお知らせしております。

マウスとお友達登録、是非お待ちしております♪
友だち追加

奈良県出身、大阪在住のアラサー女。既婚・子なし。2013年よりMOUTHに所属。カメラ歴2013年~。オールドレンズに目覚めて1年足らず。主に季節の花や自然を愛でていますが、レンズ沼にハマりいろいろ撮り始めました。お出かけと食べること、のんびりする事が大好きです。カメラ専用instagramアカウント始めました。撮るのがお好きな方と繋がれたら嬉しいです。

LINEブログも更新中!

友だち追加